Interactive Video インタラクティブ動画

映像の効果を最大限に

インタラクティブ動画とは、従来の「見る」だけの動画にクリックボタンやアンケート等の要素を付加し、
視聴者側からアクションが起こせる要素を組み込んだ「見て触れる」動画のことを指します。
視聴時間の向上、視聴者の行動(クリック、タップ回数)等により、エンゲージメントを高めることができます。

インタラクティブ動画の効果

能動的に動画を視聴し、より多くの視聴体験を行うことで視聴者を動画に引き込むことができます。

  • PR効果

    視聴者も動画に参加することができるため、商品やサービスのコンセプトと魅力がより深く伝わり、企業や商品等の内容をより具体的に視聴者に伝えることができます。

    PR効果
  • 印象効果

    動画を「見る」だけではなく、「見て触れる」という面白さが強く印象付けることができます。また、独自性の高いインタラクティブ動画を制作することで、他社と差別化することもできます。

    印象効果
  • エンゲージメント効果

    視聴者は自ら動画を操作できるため、離脱率も低くなり、動画の「視聴時間」が必然的に伸びます。視聴者により多くの情報を提供することができるので、コンバージョン率も上がります。

    エンゲージメント効果
  • 動画改善効果

    「タップ、クリック回数」「離脱時間」「流入経路」等、視聴者の行動パターンを可視化することにより、効果測定や動画の改善提案をこれまでよりスムーズに行うことができます。

    動画改善効果

映像を用いた多彩な表現

Web×動画で、プロモーションにおいての相互コミュニケーションを図ることができます。

  • メニュー

    チャプターメニューを設置することによって、動画内の特定の場所まで視聴者を誘導することが可能となり、視聴者側にとっても便利な機能となります。

  • ストーリー分岐

    視聴者のアクションによって、動画の流れを変化することが可能です。視聴者がより高い没入感を得ることができるため、早期離脱を防ぐことに繋がります。

  • 360度動画

    インタラクティブ動画は、360度の映像を視聴者が思うとおりに動かすことができ、特定の対象にタグを表示させることが可能です。

  • ポップアップメニュー

    動画内にボタンを設置し、「画像/テキスト/GoogleMap」などを表示させることができ、視聴者に対して様々なアクションを起こせます。

  • レポート

    視聴時間や離脱率だけでなく、動画内のインタラクティブ要素へのアクションの数値を計測、分析することが可能です。動画改善においての効果が期待されます。

  • アンケート

    動画内にアンケートフォームを表示させ、結果を数値で表すことも可能になります。単一選択・複数選択・記述式など様々なアンケート形式にご対応します。